極東で英語を学ぶ

トイレは1番の英語学習場所

トイレは1番の英語学習場所…と言っても、家のトイレで単語帳とにらめっこしましょう、という事ではありません。

f:id:learningenglishinjapan:20170718225818j:plain

photo credit: Sarah Hina Appalachian planter via photopin (license)

 

 

トイレには英語がいっぱい

外出先でトイレの個室の中を見回してみて下さい。トイレには英語がいっぱい。注意書きやお知らせ、使い方など、ほとんど全てが英語で書かれています。そして、トイレに書かれている英語には、知っていそうで知らない単語がたくさん使われています。

 

例えば“トイレを流す”って英語で何と言うかご存知ですか?“センサーに手をかざして下さい”は何と言いますか?意外とパッと出てこないのではないでしょうか。

 

外出先のトイレでは絶対集中できる

英語学習は、短い時間でも継続していくことが1番大切です。でも実際は、やるぞ!と気合を入れて長時間取り組むも、長続きしない…って事が多いのではないでしょうか。

 

そして、現代人って思っている以上に忙しいです。いつでもスマホやテレビがそばにあり、勉強に集中する環境を作るのが難しいですよね。

 

その分、トイレ学習は継続も、集中出来る環境作りも簡単です。ただ単に外出先のトイレで英語表記を探し、それを見て覚えるだけ。トイレ中はさすがにスマホを使わない方が多いでしょう。週に4,5回は、駅やデパートのトイレに行くとすると、それだけで週に15分以上は勉強できますね。

 

意外と色んな単語、文法が駆使されている

この時点で疑問に思われている方もいらっしゃるでしょう。トイレに書かれている英語って同じ単語ばかりなんじゃないの?と。実は違うんです。場所によって使われている単語や言い回しはかなり違います。

 

同じ“トイレットペーパー以外は流さないで下さい”という文章でも、“Flush only toilet paper”という表記もあれば、“Don't flush anything except toilet paper”という表記もあります。変わったものでは、“I'm not a trash can”という表記もありますよ。

 

ミス発見!って思っても… 

そして日本で多いのが、スペルミスや文法的ミスがそのまま表記されてしまっているもの。ミスを見つけてニヤリとするも良し。ですが意外と、あれ?これって間違いじゃ…と思って調べたら、自分が知らなかっただけで、そのような文法もアリだった、って場合もあります。

 

 

ぜひ今日からトイレ学習、始めてみて下さい。